皆さんも知っての通り、東京にはいろいろなタイプのお店が出店しています。世界中の美味しい料理を堪能することが出来るのですが、代表的な特徴としてはそれぞれの国内の地域料理、郷土料理を取り扱っているレストランが多いのです。

東京には、40都道府県の郷土料理を取り扱っているレストランもあるようで、チェックしてみる価値はあるかと思います。では、なぜ東京にはこんなにも数多くの地域料理を食べられることが出来るのか?そこには江戸時代の参勤交代が関係しているようです。参勤交代では、日本中の大名が集まりますよね。その時に地域性の料理を江戸に伝えたのではないか…と言われているのです。転勤などで地方から東京に出てきた人にとっては、懐かしい味を食べられる憩いの場でもあります。

地方の郷土料理を食べて癒されるというのもアリなのではないでしょうか。東京の飲食店にはいろいろな特徴がありますが、これもまた特徴の1つですよね。